誘電率測定、透磁率測定なら

関東電子応用開発

TEL 042-576-2921

FAX 042-573-6890

メールでのお問い合わせ

摂動法空洞共振器 誘電率測定装置

Cavity Resornator

CPシリーズ

摂動法誘電率測定装置
摂動法誘電率測定装置をセットしたところ
摂動法誘電率測定装置をセットしたところ

高精度化された、各方面での信頼性の高い共振器

空洞共振器摂動法において、高Q値を実現した空洞共振器と測定法、およびデジタルデータ処理法を応用した測定プログラムにより、高精度化された複素誘電率測定装置です。弊社が日本で初めて販売を開始して以来、四半世紀以上の実績から、多くの企業、各研究機関で広く評価されている信頼の製品です。

円形導波管のカットオフ周波数を利用

この装置による誘電体評価は、棒状の誘電体小試料を空洞共振器内の電界最大部分に挿入した時の共振周波数とQ値の変化が、比誘電率と試料容積に依存することを利用して複素誘電率を求める方式です。弊社の空洞共振器は、上部に材料挿入孔を兼ねた円形導波管がつく形になっており、この円形導波管のカットオフ周波数を使うことで、試料挿入孔があっても、電波が外に漏れることはありません。これにより、ふたをつける必要が全くなく、効率的な測定が可能になっています。

1〜20GHz帯に対応するラインナップ

1GHzから20GHzまで、8種類の周波数帯の共振器をラインナップしています。測定に適した空洞共振器をお選びください。この他の周波数帯に関しての特別製作については、ご相談ください。