誘電率測定、透磁率測定なら

関東電子応用開発

TEL 042-576-2921

FAX 042-573-6890

メールでのお問い合わせ

伝送法システムの原理

a Theory of Transmission Mesurement

伝送法とは、分布定数回路における線路(入射波・反射波・透過波など)の規格化インピーダンスから、被測定物(測定材料)のインピーダンスのずれを正確に測定し、その値から、計算により、誘電率・透磁率を算出する方法です。

その場合、現在ではネットワークアナライザーを用いて測定するのが最も効率がよく、下図のようなシステム構成で測定します。

伝送法システムの原理図